[Minecraft] Black Auremを作ってみた その二

   2014/11/16

こんばんわ、りもーねです。
では昨日の続きをやっていきましょう。

今回もわかりやすく床を変えています。

 


まずは黒い羊毛を敷いたところにチョークで描いていきます。

次に赤い羊毛部分にろうそくを立てて、真ん中にオベリスクを立てます。
※ろうそくの作り方などは前の記事参照

今回もこれに生贄を入れます。生贄は前回すぷーが体を張って取ったサンストーンMonster Focus

Monster Focus

これを捧げたあとはFireの魔法をオベリスクに打ちます。

ブラックホールみたいのが完成!これが噂のBlack Auremです。
さて早速モンスターを吸わせてみましょう。

光がモンスターとリンクしてどんどん吸い込んでいきます。

圧巻です!今回気づいたことはスライムが吸われていないので対応しているMOBが決められているようですね。貯まり具合は一瞬でMAX!砂漠じゃなくてもスポナーの近くでもよかったかもしれません。
※モンスターは吸い込まれている最中でも攻撃してくるので注意しましょう。ピンク色のクマみたいに死にます。

今度はこの溜まったエッセンスを拠点までもっていかないとねー。

※作成については、動画をみて自分たちなりに解釈した作成なので間違っている場合もあります。
コメントなどで指摘していただけると助かります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. 脳内くらっふちゃー より:

    ネクサスの時はMOBのHPが低いほうが生産量が多かったようですね。現在はどうなのか
    スライムは吸えないのか・・・ブルースライム限定なのかな?緑スライムが吸えるならスライムチャンクに設置して吸収しまくれるんですけどね。
    マナバッテリーはピッケルで破壊できるのかな?できたらゴーレムやTEのクリック代行とワープ系の装置で拠点に自動転送もできそうですね。マナバッテリーの容量をコンパレータで認識できるなら簡単そうです

  2. >脳内くらっふちゃーさん
    マナバッテリーはピッケルでいけましたよー!きちんと中のエッセンスも置きなおして残ってました。試しにDigでやったら消えましたけどね…orz

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。