[MIRROR WAR] ブラックソーサリーを初めからやってみた

   2014/11/15

こんばんわ、りもーねです。
前に記事でショートトップのせいでストーリーが気になり始めたと記載しました。
そのせいか初めからやってしまいました。

 


この世界の勢力はブラックソーサリー、イーヴルフォース、リべレーションチームの三つ巴のようです。

MIRROR WAR

主人公は傭兵生活に身をおきながら、この3つの勢力を転々としていました。主にリベレーションチームでの傭兵生活を行っていましたが待遇の悪さなどに不満を抱いていました。

MIRROR WAR

そんな中、傭兵間の情報ネットワークでブラックソーサリーのほうが対等としてみてくれることや報酬が50%以上高いことからブラックソーサリーの傭兵として参加することになりました。

MIRROR WAR

ブラックソーサリーの親玉は女王様と言われるお方でほとんどが謎に包まれています。200年近くも美貌を保っており、黒魔術で美貌を保っているのではといわれています。主人公はそんな女王様へ好奇心という意味で惹かれていきます。人としてね。

ブラックソーサリーの傭兵として活動していて同僚のハミンとお酒を飲んでいたとき、ブラックソーサリーの正規兵の世紀末覇者みたいなやつが絡んできました。

MIRROR WAR

女王はただの人形だと言っていて何かを喋ろうとしたとそのとき、女王の側近の魔術兵団みたいなのが彼をボコボコにしてました。

主人公はモヒカン野郎が話そうとした内容が気になったのと、女王はどんな人なんだろうというストーリーから始まります。

MIRROR WAR

前にやったときはここすらスキップしてましたわw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。