[MIRROR WAR] すべては統一世界のために/第一印象

   2014/11/15

MIRROR WAR

こんばんわ、りもーねです。
次のステージの始まりです。もう「すべては統一世界のために」は終盤なのかな?

 


MIRROR WAR

ここに来た理由はスパーキー教官たちの上官にあたる方に現状の報告にきました。来て早々、また幻聴が聞こえてきます。誰なんでしょう・・・

MIRROR WAR

MIRROR WAR

ロックミッド将校に会いました。彼女はスパーキー達と同期なのですが実力が評価され、上にあがったようです。年功序列じゃないんですねー。

単独クエストでは今まで聞こえた幻聴の正体が発覚します。

MIRROR WAR

もうこのシルエットであらかた想像つきますね。

MIRROR WAR

そのこの方。

MIRROR WAR

女王様です。女王様からは女王が表で出来ないことをやってほしいと主人公に頼みます。裏で動く偵察隊のようです。味方にも話してはいけないようです。しかし、女王から直接指令を受けた主人公は舞い上がってこのことを誰かに話してしまうかもしれないと女王に伝えます。

MIRROR WAR

女王は問題ないですと語り、主人公にとある魔法をかけました。

MIRROR WAR

女王はこの魔法には特に意味のないようなことを話しますがどうだか・・・。これで次のStepへ進行です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。